メンズファッション

チャンピオンメンズパーカーコーデの着こなし方!サイズ感も調査!

チャンピオンはアメリカ生まれのスポーツカジュアルブランドです。

肉厚で耐久性や伸縮性に優れた生地は着心地も抜群。

ベーシックでシンプルなデザインは幅広い年齢層に人気です。

その中でもパーカーは人気のアイテム。

チャンピオンのパーカーは持っているけど、着こなし方に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回は3枚のコーディネート写真を参考に、着こなしのポイントをご紹介していきます。

この記事では

チャンピオンメンズパーカーコーデの着こなし方

サイズ感も調査

について書かれています。

チャンピオンメンズパーカーコーデの着こなし方

コーデュロイパンツ

 

View this post on Instagram

 

福田靖さん(@textilefukuda)がシェアした投稿

グレーのパーカーにコーデュロイパンツを合わせたコーディネート。

ベストとパンツ、スニーカーの色味を統一させることにより、シックにまとめています。

独特の素材感があるコーデュロイパンツとカジュアルなパーカーを合わせることにより、オシャレ上級者に見せることができます。

チャンピオンのパーカーは肉厚で重厚感があるため、同じく素材に厚みのあるコーデュロイパンツをそのまま合わせると、全体的にもったりとした重さが出てしまうことがあります。

そのためコーディネートのどこかに軽さを出すようにしましょう。

写真のコーディネートでは、明るい色のパーカーを合わせてアクセントにしています。

ジョガーパンツ

 

View this post on Instagram

 

加藤 泰嗣さん(@taijikato)がシェアした投稿

ネイビーのパーカーにカーキ色のジョガーパンツを合わせたコーディネート。

上下とも細身のサイズで合わせ、綺麗なIラインシルエットを作っています。足元は真っ白なスニーカーで軽快感も演出。

足元や足のシルエットをスッキリと見せることができるジョガーパンツは、上半身にボリュームが出やすいパーカーとの相性も良いです。

しかしあまりフィット感がなくゆるゆるとしたサイズのものをパーカーと合わせると、部屋着のような雰囲気が出てしまいます。

カジュアルな中にも大人っぽさを取り入れるには、細身のシルエットのものを選びましょう。

デニム

 

View this post on Instagram

 

株式会社 ジーンズメイトさん(@jeans_mate)がシェアした投稿

パーカーにデニムを合わせた王道のカジュアルコーデ。トレンドのシトラスカラーのパーカーがヴィヴィッドなアクセントに。

ニット帽とスニーカーをホワイトで合わせ、統一感を持たせています。チャンピオンのパーカーはカラー展開も豊富なので、コーデのスパイスに使うのもオススメ。

合わせるデニムは薄色を選ぶと若々しい印象になり、濃色でプレーンなものを選ぶと大人っぽく綺麗めな印象になります。

重要なのはやはりデニムのシルエット。

ダボついたシルエットのデニムとパーカーのコーデは子供っぽくなりやすいので、自分にとってのジャストサイズを選びましょう。

サイズ感も調査

チャンピオンのパーカーは生産国によってサイズ感に違いがあります。

生産国は主にアメリカや中国があり、服についているタグの色で生産国がわかります。

アメリカ生産のものは赤タグと呼ばれる赤色の文字で書かれたタグが付いています。

サイズ感は海外の人向けに作られているため、胴体の丈は短めで袖は長くボリュームがあり、生地も厚めです。

また中国生産のものは青タグと呼ばれ、青い文字で書かれたタグが付いています。こちらは日本人向けにサイズもアレンジされているため、アメリカ産のもの

よりスッキリと着こなせます。

その他に生産国によって生地の質感や価格なども違ってくるので、自分の好みや体型に合わせて使い分けましょう。

まとめ

チャンピオンのパーカーは質が良くデザインもベーシックなので、1枚持っていれば様々な着回しや着こなしができるアイテムです。

質が良いため上品なコーディネートにもよく合います。生地にしっかりと厚みがあり上半身にボリュームが出やすいので、細身のボトムスとの相性が良いです。

ブラックやグレー、ホワイトといった無彩色カラーを選べば、どんなアイテムとも相性良く着こなすことができます。

生地に厚みがあり上半身にボリュームが出やすいため、合わせるボトムスのシルエットにこだわるのがポイント。

全体をIライン、またはYラインシルエットにまとめるとバランス良くオシャレに着こなすことができます。

サイズ感は国によって変わってくるため、選ぶときに注意しましょう。

なりたい自分のスタイルに合わせて、ぜひ取り入れてみてください。