/
メンズファッション

リプロダクションオブファウンド新作アイテム紹介!おすすめアイテムは?

2016SSにスタートした「見つけ出す:FOUND」「再現する:REPRODUCTION」をコンセプトにミリタリーアイテムを中心にアップデートしたアイテムを提案するブランド、「REPRODUCTION OF FOUND / リプロダクションオブファウンド」。

1950年代から1990年代にかけて数多くの軍用トレーニングシューズを生産していた各国の工場で、ミリタリーシリーズのアイテムはひとつひとつ丁寧に手作りで作られています。

この記事ではリプロダクションオブファウンドの2020SS新作アイテムをご紹介いたします!

20SS新作アイテム

ジャーマントレーナー

2016SSにスタートしたブランド、「REPRODUCTION OF FOUND /リプロダクションオブファウンド」。

1980年代にドイツ軍でトレーニングシューズとして使用されていたジャーマントレーナーを実際に軍用工場にで1足1足ハンドメイドにて製作しています。

ミリタリーシューズでありながら、スマートなフォルム、スッキリとしたシルエットで足元に上品さをもたらしてくれるアイテムに仕上がっています。

贅沢で高品質な素材を使い、生産背景にまでこだわりを持ちアップデートされたリプロダクションオブファウンドのジャーマントレーナーは必見アイテムです。

フレンチトレーナー

1990年代のフランス軍仕様のトレーニングシューズ「フレンチトレーナー」をモデルに現代に甦らせた一足。

異素材のコンビネーションは、スエード、ナイロン、メッシュを使用し、独特の切り替えパターンが目を引きます。

ソールにもポイントカラーをさり気なく盛り込み、細部までこだわったファッション性の高いデザイン。

上質なイタリア産のレザーを用いるなど、素材にもこだわり、日本人の足型にもよくなじむように考えられた木型はクッション性に優れた履き心地の良さもポイント。

ハイテクスニーカーには無い、オールドモデル風の配色も魅力です。

カジュアルなスタイルから、ジャケットスタイルにも馴染み、幅広くコーディネが楽しめ、様々なシーンで 大活躍してくれるおすすめのシューズです。

リップストップスニーカー

こちらは1980年代にかけアメリカ陸軍で採用されていたトレーニングシューズをもとにに現代的にアップデートされたスニーカーです。

ナイロン素材×ポリエステルリップストップ素材をアッパーに使用していて、耐久性にも優れています。

インソールには履き心地の良いふかふかなタイプで長時間の着用でも疲れにくい構造になっています。

幅広いスタイリングで活躍してくれるデザインです。

US MILITARY TRAINER ミリタリートレーナーシューズ

こちらは1980年代にかけアメリカ陸軍で採用されていたトレーニングシューズをもとにに現代的にアップデートされた厚底スニーカーです。

厚みのあるインソールでクッション性をアップしていますが、見た目よりも軽い履き心地を実現。
耐久性に優れているリップストップ生地で長く愛用できるように作られています。

シンプルなデザインで幅広いスタイリングに対応するスニーカーです。

ミリタリースニーカー

1940年代にかけてアメリカ海軍で使用されていたトレーニングシューズをベースにアレンジ、アップデートされたスニーカーです。

アッパーにコーデュラナイロンを使用することで軽量ながら耐久性耐水性、また高い撥水性や防汚性も兼ね備えています。

アウトソールはラバー製のものを使用しており、クッション製にも優れています。

ナイロンスリッポン

センターエラスティックコーデュラナイロンスリッポンのご紹介です。

90年代にかけてイタリア軍で採用されたトレーニングシューズを現代的に再現したスニーカーです。

頑丈で汚れにも強いコーデュラナイロンをアッパーに採用し、高いフィット感で快適な履き心地を実現しました。

スポーティー一面を持つスニーカーで足元にこなれ感をもたらしてくれます。

おすすめアイテムは?

ジャーマントレーナー

今季おさえておきたいスニーカーのひとつである、リプロダクションオブファウンドの『ジャーマントレーナー』は、トレンド感や履き心地の良さもありとっても人気のあるスニーカーです。

ぜひぜひ一度お試しいただきたいおすすめアイテムです。

まとめ

2016SSにスタートした「REPRODUCTION OF FOUND / リプロダクションオブファウンド」2020SS新作アイテムをご紹介いたしました。

素材や製造工程にこだわり、それぞれのミリタリーアイテムが作られていたファクトリーでひとつひとつ丁寧に手作りするというこだわりがアップデートされた高品質アイテムに現れています。

ぜひリプロダクションオブファウンドのアイテムをスタイリングの一部に加えてみてはいかがでしょうか。

この記事がそのきっかけになりましたら幸いです。