/
未分類

洗えるマスクの洗い方は?何回使えるかも紹介!

今の世の中マスクが品薄になって手に入りにくくなっていますよね。

そんなマスク不足の救世主として、洗えるマスクの購入を考えている方も多いのではないでしょうか?

洗って使えるマスクを使った方が経済的にも優しいですよね。

「洗えるマスクを買いたいけど、どのくらい使えるんだろう」など思っている方が居ると思います。

そこで今回は、洗い方や何回使えるのかを紹介していこうと思います。

この記事では

洗えるマスクの洗い方

何回使えるか

について書かれています。

洗い方の種類

洗い方といってもマスクの種類によってやり方は変わってきます。

手洗いする物や、洗濯機に入れて回せば終了と簡単な物があります。

中には洗濯ネットが必要な物もあります。

洗えるマスクの購入を考えている方はコチラから購入出来ます!

洗濯機で洗う

この洗い方はとても簡単で他の洗濯物と一緒に洗濯機の中にポイするだけです。

①帰宅後洗濯機の中へ入れる

②洗剤を入れて回す(マスクによって使える洗剤は異なります。)

③干す(乾燥機が使えない物が大半です)

たったこれだけで終わってしまいます!

マスクの種類によって使える洗剤が違ったり、洗濯ネットが必要だったりする物がありますので裏面にある表記をしっかり読んで洗ってください。

注意点として、洗濯機で洗うものは使ってみた感想としては少しヨレるのが早いかなと感じました。

あと、使っていて気づいたんですがマスクの生地が柔らかい素材で作られていて、マスクの繊維に誇りやペットの毛が付いて中々取れませんでした。

黒やピンクなどは変色や色落ちする可能性もあるかもしれないので、裏の表記をしっかり読んでくださいね。

手洗い

①水やお湯を溜める容器を用意する

②容器にお湯又は水を溜める

③衣類洗剤もしくはハンドソープで揉み洗いをする

④泡が出てこなくなるまで良くすすぐ

⑤干す

洗濯機で洗うよりは少し手間ですが、しっかり洗えるのは手洗いですね。

化粧品がマスクについてしまった場合はいつも使っているクレンジングで揉み洗いするのが良いでしょう。

クレンジングで洗った際にもしっかりとすすいでくださいね。

もし、洗うのが面倒くさいと思う方は帰宅した時に手を洗いますよね?

その時、手を洗った後にマスクを顔から外してそのままハンドソープで洗ってあげるのも良いですね。

絞ってあげる時に、雑巾絞りはNGです。

繊維が崩れてしまったり、すぐにヨレてしまう原因になってしまいます。

干し方

マスク自体の生地がスポンジのような生地で出来ているので、洗濯バサミで挟んで干すのはNGです。

生地が伸びてしまったり、洗濯バサミの痕が付いてしまいます。

干す時は、ハンガーや洗濯バサミに引っかけて干すのが良いでしょう。

形がヨレてしまって使える期間が短くなってしまいます。

なるべく陰干しで風通しの良い所で干してください。

外干しは避けて下さい、せっかく洗ったのにウイルスや花粉が付いてしまって意味がなくなってしまいます。

ちなみに、室内干しをしてもカビが生えたりカビ臭くなることはありませんでした。

何回使える?

買う前に確認しておきたいのが使える回数ですよね。

買ったのに使い捨て同然の回数しか使えなかったら、洗って使えてもあまり意味が無いですよね。

マスクの種類によって回数は異なってきますが、3~7回となっています。

ですが、使い方によっては長く使える方法もあります。

そこで、長く使えるための方法などを紹介していきます。

長く使うためにすること

長く使うためには、まず扱い方や洗い方が重要になってきます。

女性の場合だと化粧が付いてしまってゴシゴシ洗ってしまう方も居ると思います。

ですが、ゴシゴシ洗ってしまうとすぐに使えなくなってしまいます。

洗う際にメイクの落とせるタイプの洗顔料を優しく塗り込んで、泡が出なくなるまで優しく洗ってあげる事です。(汚れが目立たない場合はぬるま湯で洗うだけで大丈夫です)

絞る時は、雑巾を絞るようにするのでは無く、両手で挟むようにギュッと絞ってタオルで優しく水分を取るのが良いですね。

干す際もハンガーに掛けたりしてあげましょう。

ですが、いくら長持ちするようになると言っても、記載回数を超えるとだんだんフィルターの効果が薄れてくるので長く使いすぎるのは避けた方が良いかもしれませんね。

マスクのフィルター交換

洗って使えるマスクの中にはフィルター交換のできる物があります。

洗って使っているとフィルターの効果が薄れてきて、捨てなくてはいけなくなります。

ですが、フィルターを交換するだけで長く使える洗えるマスクという物があります。

フィルター交換のできる物であれば、他の種類のマスクより長く使えるのでとてもオススメ出来ます。

フィルターだけ別で購入しなければいけませんが、マスクが品薄な中フィルターのみを購入するというのはとても助かりますよね。

他のマスクを使ってみて、試しにフィルター交換可能なマスクを購入するのも良いですね。

まとめ

マスクが品薄の中、洗えるマスクがあるというのはとても助かりますよね。

使える回数にも制限はありますが、不織布のマスクを使うより洗えるマスクの方が長く使えるので便利ですし、経済的にも優しいですね。

洗うのが面倒な部分もありますが、良ければ購入してみてはいかがでしょうか!

とてもオススメ出来る物となっているので迷っている方は、ぜひ試しに使ってみて下さいね。