レディースファッション

秋冬カミナンドローファーのレディースコーデ・着こなし方!サイズ感も調査!

秋冬シーズンの足元のオシャレと言えばローファーですよね!

ローファーをコーデに取り入れたいけど、可愛くなり過ぎて苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでおすすめなのがCAMINANDO(カミナンド)のローファーです。

カミナンドは2008年に日本で誕生したシューズブランドです。こちらのブランドのローファーは靴のノーズ部分が細身の作りになっており、とても綺麗なシルエットをしています。

丸くぽってりとした可愛い形のローファーとは違い、ドレスシューズのような気品があるため、コーデを大人っぽく格上げしてくれるんです。

その中でも私のおすすめがビットローファーです。甲に付いたゴールドの金具がさらにエレガントな雰囲気を醸し出してくれます。

今回はカミナンドのローファーとおすすめの着こなし方をご紹介致します!

この記事では

カミナンドローファーのレディースコーデ・着こなし方。

まとめ

について書かれています。

riri
riri
それではさっそく、ローファーについての研究結果を紹介します!

カミナンドローファーのレディースコーデ!着こなし方!

Yラインシルエットのコーディネート

今年らしいオーバーサイズのトップスにスキニーを合わせた、Yラインシルエットのコーディネート。

ベージュのトップスにブラウンのビットローファーを合わせ、統一感を出しています。

黒のスキニーで全体を引き締めつつも、白のボディバッグやローファーから見える素足で抜け感もプラス。

全体的にカジュアルなアイテムばかりですが、足元にローファーを一点投入するだけでワンランク上の大人のカジュアルスタイルに。

カミナンドのローファーはクラシカルな印象があるので、カジュアルなコーディネートに合わせるとよりこなれ感が出ます。

普段カジュアルスタイルが多い方には、スエード素材のローファーがおすすめ。カジュアルなアイテムとの相性が良く、柔らかさもあり履きやすいのも魅力です。

コーディネートに上品さやトラッドな印象を持たせたい場合は、革やエナメル素材のローファーがおすすめですよ。

ファーのベストが主役の大人のカジュアルスタイル

ベストにインパクトがあるため、他のアイテムはシンプルなデザインの物でまとめられています。

トップスとバッグを白でリンクさせて、コーディネートに抜け感や統一感をプラス。

全体のカラーもシックにまとめ、シンプルながらもこなれ感のあるオシャレな着こなしに。

写真のコーディネートのように、ボトムスとローファーのカラーを黒で合わせると、縦長のシルエットができてスタイルアップ効果があります。

インパクトのあるデザインのトップスや他のアイテムのカラーを目立たせたい時におすすめの着こなし方です。

ビットローファーはコーディネートにちょっとしたポイントを作ってくれるので、シンプルなコーディネートにこそおすすめです。

ゴールドの金具がコーディネートのさりげないアクセントになってくれるんです。

ビットローファーはカジュアルなスタイルだけではなく、フォーマルなスタイルにも似合うので、一足持っていると様々なシーンで活躍してくれますよ。

ガーリーなコーディネート

ローゲージのタートルニットにチェックのスカートを合わせたガーリーなコーディネート。

足元はパンプスではなくローファーを合わせることにより、可愛さの中にマニッシュな雰囲気をプラス。

全体をシックな色味でまとめて、大人可愛いスタイルを作っています。

チェック柄のアイテムはトラッドな可愛さがあり、ローファーとの相性が良いです。

しかし合わせ方によっては学生っぽさが出てしまいやすく、子供っぽいコーディネートに見えることも。

写真のコーディネートのように、チェック柄のスカートならロング丈を選ぶと良いでしょう。

カラーはシックなものにすることで大人可愛く着こなすことができます。

カミナンドのローファーはマニッシュなカッコ良さがあるため、フェミニンなコーディネートと合わせると、可愛くなりすぎない女性らしさを引き立たせてくれるのでおすすめですよ。

カミナンドローファーのサイズ感

日本製のスニーカーと比較すると約0.5cm~1cm程大きく作られています。

履き方・足型などに個人差があるので、試着をおすすめ致します。

私は足の横幅の面積が広いので、少し大きめのサイズが丁度良いです。

きつめのローファーだと、歩く時に疲れてしまうので、カミナンドのローファーはとても歩きやすく快適です!

まとめ

ローファーはシックなカラーでまとめたコーディネートに合わせたり、綺麗めなアイテムと合わせると大人っぽく上品に着こなすことができます。

カミナンドのローファーは靴のノーズ部分が細身の作りになっているため、足の幅が広めの方はいつものサイズだと少しきつく感じられるかもしれません。

サイズが気になる方は一度試着されることをおすすめします。

質の良いローファーは一足持っておくと長く活躍してくれるアイテムです。ぜひワードローブに取り入れてみてくださいね!