メンズファッション

ボアを使ったメンズコーデ・着こなし方!おすすめカーディガンも紹介!

温かみのある風合いで軽く、リラックスして着用できるボアフリース素材のアイテムが今季もトレンドアイテムとして注目です。

フード付きのジャケットやスウェットなどアウターからインナーとしても活躍してくれるので一着は押さえておきたいアイテムの一つです。

合わせやすいボトムスとしては、ボリュームのあるボア素材ですのでメリハリを付けやすい細身のパンツや、スキニーパンツがおすすめですがきれいめな印象のワイドパンツもおすすめです。

着回し力もあり見た目にも暖かい印象をもたらしてくれるボアフリース素材のアイテムをどのように着こなせば良いかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなお悩みを解決すべくおすすめコーデをご紹介いたします。

それではおすすめコーデのご紹介です!

この記事では

・おすすめコーデ、着こなし方

・おすすめボアカーディガンブランド

・まとめ

について書かれています

riri
riri
それではさっそく、ボアを使ったメンズコーデについての研究結果を紹介します!

おすすめコーデ

ボアスウェットスタイル

カーキのボアフリース素材のスウェットに、ブラックのスラックスとブラックを基調としたスニーカーを合わせたコーデスタイルです。

ボア素材特有のモコモコが温かみを感じさせてくれるスウェットにきれいめな印象のブラックのスラックスできれいめカジュアルを演出しています。

トップスがカジュアルな印象ですので、ボトムスにデニムパンツを合わせてカジュアルに着用するコーデスタイルもカッコいいですが、きれいめアイテムを合わせることでオシャレ度もアップしますのでおすすめです!

秋はアウターとして、冬はインナーとして着用できる点はとても嬉しいアイテムですので、一着あるととても重宝しますよ!

ボアフリースカジュアル

トップスにブラウンを基調としたボアフリースジャケットを、ボトムスにブルーのデニムパンツをロールアップスタイルで着用し、足元にはブラックを基調としたスニーカーを合わせたコーデスタイルです。

人気ブランド、パタゴニアのボアフリースジャケットですが、シンプルにデニムパンツと合わせてカジュアルアウトドアスタイルを演出しています。

フロントポケットのカーキがアクセントになって見た目にもカッコいいフリースジャケットですが、こちらのコーデスタイルの注目ポイントは、ブラウンの靴下です。

フリースジャケットのブラウンと同系色の靴下を合わせることで、全体のコーデスタイルがまとまりますし、細かい部分に気配りができる点がオシャレ度アップで印象もとても良いです。

デニムパンツをロールアップしてこなれ感を出しつつ、差し色のブラウンを見せるオシャレポイントは取り入れたいですね!

全体のコーデスタイルをブラックのスニーカーが引き締めている点もポイントのこちらのコーデスタイルはおすすめですのでぜひ参考にしていただきたいです。

きれいめカジュアル

トップスにブラックのタートルニットにオフホワイトのボアフリースジャケットを羽織り、ボトムスにブラックのスキニーパンツを、足元にはブラックの革靴を合わせたコーデスタイルです。

ブラックのワントーンコーデスタイルに、オフホワイトのボアフリースジャケットを羽織ったシンプルな着こなしですが、普段着用しているスタイルのアウターとして羽織るだけで温かみが伝わってきます。

シルエットもモコモコしたトップスのボリューム感とスキニーパンツでメリハリをつけ、バランスが良いですし、お色味もモノトーンで、ジャケットのフロントポケットのブルーが良いアクセントをもたらしてくれています。

こちらのコーデスタイルも靴下のホワイトの差し色とジャケットのオフホワイトが同系色のリンクコーデに仕上がっていますが、このようなシンプルな気配りはやはり目を引きますね!

シンプルなきれいめスタイルにボアフリースジャケットを羽織りレトロなカジュアル感と温もりを感じさせてくれるこちらのコーデスタイルは取り入れやすいと思いますのでおすすめです!

おすすめボアカーディガンブランド

GUのボアカーディガンです。

コストパフォーマンスに大変優れていて嬉しいアイテムですが、トレンドを押さえたゆったりシルエットやリラックスして着用できる点も大変魅力的なアイテムです。

デニムパンツからスラックスまで、カジュアルからきれいめスタイルにも適応できるGUのボアカーディガンはおすすめです!

まとめ

リラックスして着用することができるボア素材のアイテムが幅広いコーデスタイルに適応してくれることがお伝えできたと思います。

ボア素材特有の温かみのある風合いとモコモコが印象的で可愛いアイテムを使ったコーデスタイルで今季の秋冬ファッションを楽しみましょう!

この記事がそのきっかけになりましたら幸いです。