未分類

ノースフェイスのリュックは洗濯出来る?洗い方や防水かも調査!

デザイン性が高く、仕切りも多く収納力抜群のためアウトドアだけでなく通勤や通学にも対応できるノースフェイスのリュック。

立方体で自立するものもあり、置き場に困ることもありません!もちろん登山やキャンプなどでも大活躍してくれますよ。

その扱いやすさから「大人のランドセル」として、男女ともに高い人気を誇っています。

そんなノースフェイスのリュックですが、使い勝手が良いのでガンガン使っていると、気になるのは汚れ。

せっかくなので長く使いたいですが、自宅で洗濯はできるのでしょうか?そもそも防水?

そんな疑問についてまとめましたので、ノースフェイスのリュックを持っている方も、これから購入を検討中の方もぜひ参考にしてくださいね。

riri
riri
それではさっそく、ノースフェイスのリュックの洗濯の仕方について研究結果を報告します!

この記事では

ノースフェイスのリュックの洗濯方法

ノースフェイスのリュックは防水?

まとめ

について書かれています。

白いスニーカーの汚れの落とし方のおすすめは?消しゴムでも落とせるかも検証

ノースフェイスのリュックの洗濯方法

a

結論から言うと、洗い方にさえ気をつけていれば洗濯することは可能です!

いくつか注意するところもありますので、ポイントを押さえながら洗濯の仕方を勉強しましょう。

・型くずれの原因となりますので、洗濯機で洗うことはなるべく控える

・洗濯前に内ポケットの中身などが空になっているかも確認する

・スポンジを使用する場合きつく擦ってしまうと、表面のコーティングやロゴマークなどが剥がれてしまう可能性がある

・中性洗剤を使用する場合落としきれていないと、シミになってしまうのでしっかりと洗いましょう。

・リュックを絞ってしまうと、型くずれの原因となります。手で押して水気を切るようにしましょう。

洗濯前の下準備

まず洗濯をする前に、取り外し可能な部品は全て外しておくと洗いやすいです。

その際、内ポケットの中身などが空になっているかも確認しておきましょう。(イヤホンやポケットティッシュなどの小物が入ったまま洗ってしまうと、悲惨なことになってしまいます)

また、全てのチャックを開けておくと、中の裏地まで綺麗に洗うことができますよ。

汚れた時にその都度落とす

汚れが付いてしまった時に、その都度フキンや歯ブラシなどで軽くこすりながら払い落としておくと、素材が痛んだり劣化してしまうことを防げます。

落ちづらい汚れやシミへの対処法(ナイロン素材の場合)

落ちにくい汚れやシミが付いてしまった場合、以下の方法を試してみましょう。

①ぬるま湯に普段使っている中性洗剤を溶かす

②スポンジや歯ブラシを濡らし、シミや汚れの部分をぽんぽんと優しく叩く

③濡らしてきちんと絞ったタオルで汚れを綺麗に拭き取る

④乾いた別のタオルでもう一度拭く

きつく擦ってしまうと、表面のコーティングやロゴマークなどが剥がれてしまう可能性があるので注意しましょう。

汚れが酷い場合の洗い方

酷い汚れの場合は、以下のやり方で洗いましょう。

①大きな桶や浴槽にぬるま湯を張り、中性洗剤を溶かしておく

②リュックを漬け、押し洗いをする

③水を替えながら3、4回ほど濯ぎ洗いを行う

ここで中性洗剤を落としきれていないと、シミになってしまうのでしっかりと洗い流しましょう。

④乾いたバスタオルで包み、叩いてしっかりと水気を切る

リュックを絞ってしまうと、型くずれの原因となります。手で押して水気を切るようにしましょう。

乾かし方にも注意!

洗い終わったら形を整え逆さまにし、風通しの良い日陰に干しましょう。

型くずれを防ぐため、リュックを広げて形を整えておきます。

乾くまでに数日かかることもありますので、事前に天気予報をチェックして晴れの日が続く時に洗うようにすると良いですね。

ノースフェイスのリュックは防水?

ノースフェイスのリュックは、完全防水ではありませんが「TPEファブリックラミネート」という、摩擦強度と耐水性に優れたポリエステル素材でできています。

なので、ちょっとした雨なら気にせず使うことができますよ。

また、乾かした後にファブリーズなどの消臭剤を吹きかけておくと、消臭効果もプラスされます。

まとめ

汚れが付いてしまった時に、その都度フキンや歯ブラシなどで軽くこすりながら払い落としておくと、素材が痛んだり劣化してしまうことを防げます。

ノースフェイスのリュックは洗い方にさえ気をつけていれば洗濯することは可能です。

スタイリッシュでとても便利なノースフェイスのリュック。もともと丈夫なので、正しいやり方でこまめにお洗濯をすれば、ずっと長く使い続けることができますよ!