/
未分類

ガーゼマスクの洗い方は?熱湯消毒できるかどうかも紹介!

マスクの入手が困難難の今、出来る事ならマスクの消費を抑えて、使い捨てガーゼマスクを洗って再利用したいですよね。

ガーゼマスクを再利用する際の「洗い方が分からない」などの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ガーゼマスクの洗い方や熱湯消毒について、厚労省推奨のマスクの洗い方などを紹介していきます。

 

ガーゼマスクの洗い方や干し方(厚労省推奨)

マスクは口元で使用する物なので、使用したその日に洗うことが基本になってきます。

洗濯機で洗ってしまう方もいらっしゃるようですが、洗濯機ですとメッシュ構造になっているガーゼマスクは形崩れしてしまうため長く使えなくなってしまいます。

ですので、ガーゼマスクを洗う方法は手洗いの方が良いでしょう。

厚生労働省で洗い方が紹介されていましたので、そちらを参考に洗い方や乾かし方を紹介していきます。

手洗いの方法

<用意する物>

・衣料用洗剤

・塩素系漂白剤(衣類用ハイターなど)

・清潔なタオル

・洗面器(十分に洗える大きさの物)

・ゴム手袋(掃除用の物)

・洗濯バサミ

洗面器に水を溜め衣類用洗剤を入れてよく混ぜます。
「水2Lに対して衣類用洗剤は約0.7g入れます。」
*洗剤の軽量が面倒臭い方には、プリンなどを食べるスプーン半分ほどの洗剤を入れてください。

洗面器にガーゼマスクを入れて10分程つけ置きしておきます。

10分経ったらマスクを取り出し、軽く押し洗いします。
*揉み洗いしてしますとマスクの繊維が崩れてしまう可能性があります。
洗い終わった水を捨て、1度洗面器をよく洗ってください。

洗面器に新しく水を溜め、マスクに付いた洗剤をしっかりとすすいで洗面器の水をもう一度捨てて下さい。

洗面器に新しく水を溜めたら、洗面器の中に塩素系漂白剤を入れます。(汚れが気になる方推奨)

1Lの水に対して15mLの塩素系漂白剤を入れて下さい。ハイターの場合はキャップ7分目程が目安です。
*この際に漂白剤の成分で皮膚を傷めてしまう可能性があるため、ゴム手袋を必ず着用してください。
*ハイターには、除菌効果もあるので除菌目的での使用もオススメ出来ます。

洗面器にガーゼを入れ、先ほどと同じように10分間つけ置きし、10分後に押し洗いをして下さい。

1度洗面器の水を入れなおしすすいでいきます。
*漂白剤をしっかりと落とすために2回しっかりとすすいでください

清潔なタオルでマスクを挟むようにして、ポンポン叩いて水分を取ってください。

洗い方は以上です。

干し方

洗い終わったガーゼマスクを乾かしますが、干し方についてご紹介いたします。

しっかりと水気を取ったマスクを風通しの良い日陰で干していきます。

この際に、乾燥機を使ってしまうとマスクが縮んでしまう事があるので、そのまま陰干ししましょう。

洗濯バサミに吊るす際に、紐の部分を挟んで干すと紐の部分が伸びてしまう可能性があるので、ガーゼ部分の端に洗濯バサミを2つ使って干してください。

ポイントは、風通しの良い日陰干しで、紐の部分が伸びてしまわないようにガーゼ部分に洗濯バサミで留めて干すという方法ですのでご参考に!

熱湯消毒はできる?

マスクを熱湯消毒する事は出来ますが、マスクのフィルターが傷んでしまって使いまわしの効かない物になってしまいます。

ですので、消毒自体は出来てもマスクとしての機能が低下してしまうのでおすすめはいたしません。

煮沸消毒をしても長く使えるようになる訳では無いので、消毒や洗濯をする方をおすすめいたします。

ハイターなどで洗った方が除菌効果やマスクの耐久性が変わってきますので、洗う際は衣類用洗剤やハイターなどで洗いましょう。

まとめ

普段あまり使わないガーゼマスクですが、マスク難の今何回も洗って使えるマスクというのは貴重な物ですよね。

ガーゼマスクは何回も使えますし、汚れが目立っている場合でも塩素系漂白剤(ハイター)などで落とせるので良いですよね。

ハイターには、殺菌効果や除菌効果などがあるので煮沸洗いや熱湯消毒はせずに、ハイターや塩素系漂白剤で洗って除菌を行ってくださいね。